龍の都 京都

山河襟帯の地、京都に残る古代を感じる景観(古代景観)にスポットを当て、神社の秘密、龍(オロチ)への信仰、龍(オロチ)を鎮める龍女について、京都の神社プロガイドが書いていきます。

龍の都 洛南

龍だらけのお社で、かぐや姫に逢う  龍の都へ

伏見稲荷大社といえば、狐が神のお使いとして有名です。その神のお使いの神は、もちろん稲荷の神さまですが、なかでも龍神さまは、その中心の神でもあります。 稲荷山では、お塚という石の宗教施設に龍王という名前が書かれていることが多いですが、稲荷山山…

龍が飛翔する狐の山 稲荷山 伏見稲荷

お稲荷さんといえば、狐のイメージが強すぎて、本来の神さまのイメージが薄れている感じが私はします。 狐は、神さまのお使いです。ということは、神さまがいるわけで(笑)、アニメなどで有名なウカさまと呼ばれるウカノミタマノミコトが、稲荷の神さまです…