龍の都 京都

山河襟帯の地、京都に残る古代を感じる景観(古代景観)にスポットを当て、神社の秘密、龍(オロチ)への信仰、龍(オロチ)を鎮める龍女について、京都の神社プロガイドが書いていきます。

龍女から変化した元気印の鈿女(ウズメ)

アメノウズメノミコトという神さまを知っていますか?

f:id:kaminavikyoto:20180514133526j:plain

この名前を知っている人は、まあまあの神さま好きかもしれません(笑)でも、天の岩戸の前で踊った女神さま、それも、ちょっとあられもない姿で踊った神さまといえば、

 

あっ知ってる!という人も多いでしょう。

 

f:id:kaminavikyoto:20180514133617j:plain

そのアメノウズメノミコト、有名なサルタヒコオオカミの奥さまです。(サルタヒコオオカミは、猿田彦大神、伊勢の神さまであり天狗のような長い鼻を持つ男の神さま)

 

このご夫婦の神さま、それを1つの象徴として考えると、天狗の象徴です。

 

f:id:kaminavikyoto:20180514133705j:plain

アメノウズメノミコトは、相手を喜ばし相手を誘い相手に活力を与える存在なのです。

 

実は、このアメノウズメノミコトを象徴化した鈿女(ウズメ)も、龍女から進化、変化したと私は考えます。

 

もちろん、進化、変化したわけですから、もう龍女ではありません。より行動的に、そして相手に陽気なエネルギーを与える、そういう存在なのです。

f:id:kaminavikyoto:20180502103500j:plain

但し、非常にわがままでマイペースなところがあります。その点が、龍女の痕跡がなくなった部分で、鈿女(ウズメ)らしいとこでもあります。

 

神話の世界でも、猿田彦大神をコントロールしただけのことはありますね。さすが、猿田彦大神の奥さまです。

 

さてこの鈿女(ウズメ)、龍女から進化した象徴です。進化して変化した天狗の象徴なのです。

 

f:id:kaminavikyoto:20180514133906j:plain

天狗の象徴?私が提案する民話や神話上の五つの象徴の一つです。

 

神社の不思議を知り、自分に合った神社に出逢う 龍の都へ 

kaminavi-kyoto.jp