龍の都 京都

山河襟帯の地、京都に残る古代を感じる景観(古代景観)にスポットを当て、神社の秘密、龍(オロチ)への信仰、龍(オロチ)を鎮める龍女について、京都の神社プロガイドが書いていきます。

玉を操るお姫さま 龍の都へ

このブログのテーマの一つは、次の言葉です。

 

女性は皆、龍女だった!

 

これまでの記事では、どちらかというと、龍女のネガティブな面を強調してきましたが、もちろんいい面もあります。

 

過去記事で、龍宮城の乙姫について書きましたが、その乙姫こそ、ポジティブな龍女です。もちろん、それは一時的なことなのですが・・・。

 

f:id:kaminavikyoto:20180518085636j:plain

昔話の乙姫は、海の龍のお姫様です。神話の世界でいうと、トヨタマヒメやタマヨリヒメになります。

 

トヨタマヒメ豊玉姫と書き、あの海幸彦・山幸彦の神話に登場する海の女神です。神話では、山幸彦に嫁ぎます。つまり、皇室の祖先の女神さまです。

 

タマヨリヒメ?玉依姫と書き、これはどちらかというと、固有名詞というより、玉に依りつく女性つまり古代の巫女さんです。でも、代表的なのは

 

トヨタマヒメの妹で、神武天皇のお母さまである玉依姫ですね。やはり皇室の祖先の女神さまです。

 

お二人とも、海の女神ですから、龍の女神、龍女の神さまのイメージといえます。

 

f:id:kaminavikyoto:20180518085723j:plain

このお二人からイメージできるのは、相手にエネルギーを与えるポジティブな一面です。そして、そのエネルギーが、玉と呼ばれるものです。

 

龍は玉を持っています。その玉は、相手から奪った玉もありますが、相手に与える玉もあると私は考えます。

 

f:id:kaminavikyoto:20180518085806p:plain

玉を自由自在に操る、それは、龍女の特徴である相手を自由自在に操ることに通じているかもしれません。

 

神社を巡る京都ツアー 龍の都へ

kaminavi-kyoto.jp