龍の都 京都

山河襟帯の地、京都に残る古代を感じる景観(古代景観)にスポットを当て、神社の秘密、龍(オロチ)への信仰、龍(オロチ)を鎮める龍女について、京都の神社プロガイドが書いていきます。

かぐや姫 魅了する龍女の姿 龍の都へ

以前のブログにも書きましたが、あの竹取物語の主人公かぐや姫、私が提案する龍の娘、龍女の代表的なシンボルです。

f:id:kaminavikyoto:20180429201604j:plain

龍の身体を表す竹から生まれ、龍が天空へ昇った先にある月へ帰る、これが龍女である証明です。

 

その長い髪は、かぐや姫(龍女)の霊力を表します。髪は、人の身体の中で一番成長が早い身体の部位です。

 

つまり、髪の毛に人のエネルギーが表されるわけです。

 

実際、現在でも龍人の象徴、龍女と呼ばれる女性は、髪の毛が長い方が多いです。

 

そして、身体の動きにも特徴があります。上の画像の姿は典型的で、くねっとした曲線美がポイントなのです。

 

くねっとした曲線美、なんとなく似てますね(笑)

f:id:kaminavikyoto:20180425215404j:plain

そして、この想像上の生き物にも・・・。

f:id:kaminavikyoto:20180424085531j:plain

くねくねした曲線美は、龍蛇および龍女の特徴です。くねくねすることで、相手を幻惑し、誘惑するわけです。

 

ちょっと古いですが、いわゆるマリリン・モンローのモンローウォークは、その曲線美を醸し出す典型的動きですね。

 

さて、話を、かぐや姫に戻します。竹取物語では、かぐや姫は多くの男性を虜にします。そして、男性たちは、魂を奪われ、かぐや姫に尽くします。

 

しかし

 

その努力は報われません。報われないどころか、命まで失う男性も出てくるのです。

f:id:kaminavikyoto:20180429202351j:plain

まさに、龍女の、かぐや姫的恐怖なのです。かぐや姫の話は、まだまだ続きます。お楽しみに。

 

神社を巡る京都ツアー 龍の都へ

kaminavi-kyoto.jp