龍の都 京都

山河襟帯の地、京都に残る古代を感じる景観(古代景観)にスポットを当て、神社の秘密、龍(オロチ)への信仰、龍(オロチ)を鎮める龍女について、京都の神社プロガイドが書いていきます。

龍女を天狗は大好きです!  龍の都へ

龍も天狗も想像上の生き物です。どれだけキャラが際立っていても、本物というか生きている姿を見た人はいません。

 

f:id:kaminavikyoto:20180424085531j:plain

でも、そのキャラがどちらも強烈なので、インパクトが残り、すぐ姿を思い浮かべれる、そんな生き物です。

 

f:id:kaminavikyoto:20180521104849j:plain

でも、この2つの想像上の生き物を、人のシンボルとして考えた場合、その際立ったキャラが役立ちます。つまり、

 

龍のような人&天狗のような人 

 

龍のようにしなやかで相手を操る人&天狗のように鼻高々の自慢屋で我が道を行く人

 

f:id:kaminavikyoto:20180426112516j:plain

こんな感じですね。ちなみに、この2つの生き物は、実は天敵同士なのです。

例えば、讃岐(現在の香川県)の満濃池比叡山を舞台にした話が今昔物語に載っています。

 

f:id:kaminavikyoto:20180522082409j:plain

満濃池にいた龍が蛇に姿を変えて休んでいると、それを見た天狗が龍(蛇)をさらい、比叡山へと連れ去った話です。

 

最後は、延暦寺の閼伽水を使い、蛇から龍に戻り、天狗をやっつけるというストーリーですが、この二つの生き物の関係を後世に残したお話ですね。

 

f:id:kaminavikyoto:20180522083403j:plain

天狗は龍が好きですが、両者、エネルギーの取り合いの関係です(笑)そして、

 

この関係は、人の象徴の関係にも当てはまります。つまり、龍人の象徴と天狗の象徴の関係です。

 

龍女の場合、天狗の象徴の人に好かれます。だから、いろいろと問題が起きるのです。

 

f:id:kaminavikyoto:20180421213617j:plain

どんな問題?それは後日のお楽しみです。

 

神社を巡る京都ツアー 龍の都へ

kaminavi-kyoto.jp