龍の都 京都

山河襟帯の地、京都に残る古代を感じる景観(古代景観)にスポットを当て、神社の秘密、龍(オロチ)への信仰、龍(オロチ)を鎮める龍女について、京都の神社プロガイドが書いていきます。

私の本性は龍(大蛇)でした。 龍の都へ

このブログは、女性は皆、龍女だったという全くオリジナルな考え方を提案しているブログです。

 

f:id:kaminavikyoto:20180518085636j:plain

民話や神話に登場する様々な個性豊かなキャラクター、そして姫(女神)たち

 

f:id:kaminavikyoto:20180502103500j:plain

もちろん、女性だけが龍に関係するわけではありません。このあたりは、後日詳しく書きますが、

 

特に女性の場合、すべての女性は龍女の象徴を持っているということで、

f:id:kaminavikyoto:20180509223407j:plain


 

それが全く変化し、なくなっているか、あるいは隠しているか、または妖しさを加えているか、龍女の特徴全開か・・

 

そして、ポイントは、その人(自分)の本性で確認することです。

 

だから

 

寝ている時

酔っぱらっている時

乗り物を運転している時

異性と一夜を共にしている時

怒った時

 

こういう時に、象徴は、よく現れるんです。つまり本性こそ象徴なのです。民話や神話にも、これにまつわるシーンがよくあります。

 

「けっして襖を開けないでください」

でも、見たい!で、そっと開けると、なんと!

妻は大蛇に変身し、寝ていたのでした!

 

あるいは

 

妻は鶴に変身し、機織りをしていたのでした!

 

まさに、本性は象徴を表すモノガタリです。でも、意外と多いのが、

 

妻は大蛇でした!のほうなんです。そこがポイントです。なぜなら、

 

f:id:kaminavikyoto:20180528090322j:plain

女性は皆、龍(大蛇)にまつわる龍女だったからです。このブログは、その龍女と京の都が龍の都だったという切り口で、さらに書いていきます。

 

神社を巡る京都ツアー 龍の都へ

kaminavi-kyoto.jp