私だけの守り神

こんにちは、神社探究家の浜田浩太郎です。このブログは、2020年から書籍とリンクしてスタートさせる、youtube「神社探究Tube」の素材ブログです。このブログを発展させ、「神社探究Tube」では、さらに詳しくお伝えしていきます。2020年4月スタート予定。

一寸法師が行った先 清水寺 龍の都へ

こんにちは、神社探究家の浜田浩太郎です。

京都でも有数の観光地である清水寺

 

f:id:kaminavikyoto:20180530234246j:plain

世界中の人々が訪れる日本を代表する聖地です。

 

そして、この清水寺には、昔から多くの善男善女が詣でたという長い歴史があります。

 

人だけではなく、なんと神さま、それもちっちゃな神さまも詣でているのです。そのお名前は、

 

一寸法師

 

f:id:kaminavikyoto:20180530234355j:plain

一寸法師?えっ?神さま?そうなんです、神さまなんです。その名も、少彦名。

 

f:id:kaminavikyoto:20180530234433j:plain

少彦名と書いて、スムナヒコナと読みます。そう、あの出雲の大国主と大小のコンビを組んだあの有名な神さまです。

 

一寸法師は、大阪の住吉明神の申し子とされますが、そのモデルは出雲の少彦名命なのです。

f:id:kaminavikyoto:20180530234721j:plain

そして少彦名命は、蔓植物のカガミの舟に乗って、海の彼方からやってきたといわれます。

 

この蔓植物のカガミというのがポイントで、実は蛇と関係があるんです。

 

つまり、蛇の舟に乗ってやってきた蛇に関係する神さま、それが少彦名命であり、一寸法師なのです。

 

とはいえ、お伽話の一寸法師は、お椀の舟ですが(笑)

 

f:id:kaminavikyoto:20180530235435j:plain

一寸法師は、淀川をさかのぼり、都に入って(ここで姫と出逢い)、六波羅を通り(ここで鬼退治)、そして清水寺へ行きます。

 

ちなみに、清水寺のある塔頭では、超レアな一寸法師のお守りがあります。

 

一寸法師がなぜ清水寺へ行ったのか、続きはまた後日書きましょう。そこには、お伽話の裏にある、秘密のメッセージがあるんです。もちろん龍絡みの・・・。

 

f:id:kaminavikyoto:20180519203018j:plain

神社を巡る京都ツアー 龍の都へ

kaminavi-kyoto.jp