龍の都 京都

山河襟帯の地、京都に残る古代を感じる景観(古代景観)にスポットを当て、神社の秘密、龍(オロチ)への信仰、龍(オロチ)を鎮める龍女について、京都の神社プロガイドが書いていきます。

あなたの目はこの目ですか? 龍の都へ

動物にも植物にも、「め」があります。動物は「目」であり、植物は「芽」と書く「め」です。

 

f:id:kaminavikyoto:20180617175258j:plain

人は動物ですから、もちろん「目」があり、

 

f:id:kaminavikyoto:20180617175318j:plain

目は口ほどに物を言いというように、口以上に言葉を発する身体の一部だったのです。

 

その目の中で、古代の日本人が畏怖した目が、蛇の目です。

 

f:id:kaminavikyoto:20180617175342j:plain

蛇の目には、まばたきがないという特徴があります。これは、蛇以外の爬虫類にはなく、睨みつけられている感覚を相手に与えるのです。

 

じーっと睨みつけられている感覚、嫌ですよね。ぞーっとします。それが、蛇の目は光るという畏怖されるものとしての存在を生んだのです。

 

蛇神として有名な奈良の大神神社大物主大神記紀神話では、「海をてらしてより来る神」として描かれ、この海をてらすというのは

 

目から出る光のことだと私は考えます。

 

蛇の目の光、実はこの目は、私たち人にもあるのです。あるのですというより、あると私は思います。

 

f:id:kaminavikyoto:20180617180146j:plain

これを私は龍の目(私の造語)と考えています。光り輝く龍の目を持つ人、それは人を魅了し、一瞬にして人の魂を奪ってしまう目なのです。そのような目を持つ人こそ

 

龍人(りゅうじん)そして、女性の場合は

 

龍女なのです。

 

そして、龍女が集まる場所が、龍(オロチ)の都 京都なのです。

f:id:kaminavikyoto:20180616210027j:plain


 

神社を巡る京都ツアー 龍の都へ

kaminavi-kyoto.jp