龍の都 京都

山河襟帯の地、京都に残る古代を感じる景観(古代景観)にスポットを当て、神社の秘密、龍(オロチ)への信仰、龍(オロチ)を鎮める龍女について、京都の神社プロガイドが書いていきます。

この神さまが祀られる地で起こった地震  大阪北部地震  龍の都へ

余震がまだ続いています。しかし少しずつは減ってきています。

これで終わりなのか、始まりなのかは、まさに神のみぞ知る、そんな状況です。

f:id:kaminavikyoto:20180623223916j:plain

様々な媒体で、南海トラフ地震の発生が危惧されていますが、

必ず発生しますが、いつ発生するのかが最大の問題でしょう。

f:id:kaminavikyoto:20180618211609j:plain

 

今回の大阪北部地震、大阪の高槻市震源地ですが、神社の立地の視点から検証すると

 

とても興味深い神社を高槻市に見つけました。というか、その存在自体は、知っていたのですが、それは

 

野見神社(野見宿禰が祀られたのは明治時代ですが)

f:id:kaminavikyoto:20180623224511j:plain

阪急電車高槻市駅やJR高槻駅の南、高槻城跡公園近くにあるお社です。

 

f:id:kaminavikyoto:20180623224358p:plain

野見といえば、野見宿禰という人物が有名です。野見宿禰と書いて、のみのすくね と読みます。

 

誰?という方の為に簡単にご紹介すると、

 

相撲の神さま

f:id:kaminavikyoto:20180623224650j:plain

 

といっても、日本書紀に登場する出雲の伝説の人物で、第11代天皇である垂仁天皇の前で、角力(相撲)で相手に勝利したことから

 

相撲の神さま となったわけです。

 

そして、あの菅原道真の祖先である土師氏の祖先にもあたります。

 

f:id:kaminavikyoto:20180623225137j:plain

この野見宿禰を祀る神社は、対岸の枚方にもあり、片埜(かたの)神社がそれです。

 

ここで思ったのですが、大きく推理すると、興味深いことがわかります。つまり

 

相撲は、大地を鎮める神事から始まり、今でもそうです。

そして、今回の大阪北部地震は、高槻・枚方周辺で大地が大きく揺れた・・・。

 

f:id:kaminavikyoto:20180623225323g:plain

 

地震を起こした大地の龍は、果たして相撲の神さまによって鎮められるのでしょうか。今後を見守りたいと思います。

 

龍の都へ 京都ツアー

kaminavi-kyoto.jp