龍の都 京都

山河襟帯の地、京都に残る古代を感じる景観(古代景観)にスポットを当て、神社の秘密、龍(オロチ)への信仰、龍(オロチ)を鎮める龍女について、京都の神社プロガイドが書いていきます。

ことたまとモノガタリ 龍の都へ

言霊という言葉があります。言霊とは、言葉に霊(魂)が宿ること、あるいは霊(魂)が宿った言葉のことです。


f:id:kaminavikyoto:20180914161631j:image

 

言葉(ことば)と霊、魂(たましい)で、

 

ことば(ことのは)のたま(たましい)で、

 

ことたま、つまり言霊です。(濁音のことだまではなく、ことたまです。)

 余談ですが、むすびではなく、ムスヒです。
f:id:kaminavikyoto:20180914155604j:image

この言霊(ことたま)と土地の名前である地名や神々の名前には、深い関係があり、

 

分析、検証していくと、興味深いことがわかります。それについては、また後日。

 
f:id:kaminavikyoto:20180914155837j:image

さて、言霊(ことたま)と深い関係があるのが、モノガタリです。あえてモノガタリと片仮名で書いたのには意味があります。


f:id:kaminavikyoto:20180914160710j:image 

モノガタリは物語りですが、まさにモノつまり神や物の怪(モノノケ)が語ることを表します。

ですから当然、モノガタリには、ことたま(言霊)が伴われるわけです。