龍の都 京都

山河襟帯の地、京都に残る古代を感じる景観(古代景観)にスポットを当て、神社の秘密、龍(オロチ)への信仰、龍(オロチ)を鎮める龍女について、京都の神社プロガイドが書いていきます。

あなたの周りにいる不思議ちゃん、狐女(きつねめ)

狐の嫁入り、あの独特でミステリアスな雰囲気の行列を実際見られた人も多いと思います。

 

白狐のお面の顔は、どことなく怖いイメージで、華やかな花嫁衣装は、そのイメージをいっそう惹きたてます。

 

f:id:kaminavikyoto:20180512220931j:plain

この狐の嫁入りの主人公が、狐女です。狐女と書いて、きつねめ、まさに女性に化けた狐です。

 

民話には、この女性に化けた狐が多く登場します。なかでも有名なのが、信太狐。

 

信太狐?そうあの信太の森に棲んでいた狐です。この狐も女性に化けて、優しい男の人に嫁いだのでした。実は、この信太狐が、ある有名な人のお母さんなんです。

 

f:id:kaminavikyoto:20180512221155j:plain

その有名な人は、陰陽師安倍晴明安倍晴明のお母さんが狐?そう狐が化けた化生の女人だったのです。

 

狐女は、このようにミステリアスな人として描かれることが多いですが、狐といえば

 

お稲荷さんのイメージが強いと思います。でも、このお稲荷さん、狐は稲荷の神々のお使いに過ぎません。ということは、稲荷の神々とは?

 

実は、龍神さまなのです。そして、この龍神さまにお仕えしているのが、狐たちであり、

 

その狐が化けたのが狐女なのです。だから、ミステリアスなのかもしれません。そして、ここに狐女≒龍女という関係が生まれます。

 

つまり、龍女が進化し、変化したのが狐女のかもしれないという仮説が生まれるのです。

 

f:id:kaminavikyoto:20180512221313j:plain

狐女の象徴は不思議ちゃんと呼ばれる所以は、この仮説から生まれたのかもしれません。狐女については、もっと詳しく、また後日。

 

神社を巡る京都ツアー 龍の都へ

kaminavi-kyoto.jp