龍の都 京都

山河襟帯の地、京都に残る古代を感じる景観(古代景観)にスポットを当て、神社の秘密、龍(オロチ)への信仰、龍(オロチ)を鎮める龍女について、京都の神社プロガイドが書いていきます。

あなたって雨の人?  龍の都へ

行楽シーズン、よく聞くこういう会話。

 

「私、晴れ女だから」「俺、晴れ男だから」

または、その逆で、

「私、雨女だから」「俺、雨男だから」

f:id:kaminavikyoto:20180609105240j:plain

 

特に、こういう雨女、雨男たちが行事に参加すると、不思議や不思議、雨が降ってくるんです(笑)だから、嫌がられるんですが・・。

「お前が来るから、雨が降ったやろ」「あなたが来たら急に雨が・・・」

 

もう戦犯扱いです(笑) 

科学的根拠は、もちろん全くありません。でも、雨が降ってくる確率が高いんです。

f:id:kaminavikyoto:20180609105317j:plain

 

たぶん、雨男や雨女が活動する時が、雨が降る時と重なるからではないかと勝手に推測していますが・・・。

 

さて、この雨男や雨女が、雨を降らす龍に関係する龍人の象徴の人達だと私は思います。

もちろん、龍を呼び寄せるとか、龍がついているとか、そういうスピリチュアル的な話ではありません。

 

f:id:kaminavikyoto:20180609105424j:plain

普通の人より雨が好きで、特に次のようなシーンを好む人たちが、龍人の象徴の人たちなのです。

 

・雨音が好き

・雨のしずくが好き

・雨にけぶる風景が好き

・雨の日のしっとり感が好き

・傘に当たる雨の音が好き

 

f:id:kaminavikyoto:20180609105350j:plain

雨降りの日って、なんとなくジトジト感があって、特に雨期(梅雨)の日々は鬱陶しい感じがしますが、それでも

 

龍人の象徴の人たちは、雨を好むのです。つまり龍人の象徴の人たちこそ、

 

雨男、雨女である可能性が高いのです。

 

神社を巡る京都ツアー 龍の都へ

kaminavi-kyoto.jp