龍の都 京都

山河襟帯の地、京都に残る古代を感じる景観(古代景観)にスポットを当て、神社の秘密、龍(オロチ)への信仰、龍(オロチ)を鎮める龍女について、京都の神社プロガイドが書いていきます。

龍を鎮める龍女の活躍 龍の都へ

久しぶりに龍女という存在について書こうと思います。龍女というのは、龍の娘のことです。実在しない龍の娘ですから、龍女自体も空想の存在と思われる人もおられると思います。

f:id:kaminavikyoto:20180727000213j:plain

でも、そういう存在が古代にもあり、現在にもあると仮定すれば、面白い発見があります。

 

人を魅了し、ある時は人のレベルを上げ(乙姫型)、ある時は人のレベルを下げて滅ぼす(かぐや姫型)、それが龍女です。

 

f:id:kaminavikyoto:20180625210501j:plain

龍女というのは、私は古代の巫女であると思っています。感受性が強く、感覚が発達し、神々の言霊を取り次ぐという霊的な力があり、人々を導いていく・・・いわゆる

 

卑弥呼のような存在

 

あるいは

 

神功皇后のような存在

 

f:id:kaminavikyoto:20180712134335j:plain

 

それが、龍女(古代の巫女)なのです。

 

彼女たちは、古代の巫女ですから、その最も大切な役目が、

 

大地の鎮め、災害の鎮め、病魔の鎮めです。特に大地の鎮めは、とても大切で、いわゆる龍(おろち)も鎮めるわけです。

 

f:id:kaminavikyoto:20180706093258j:plain

大地の揺れや繰り返される災害、そして流行する病魔・・こういった祟りを鎮めるのが龍女(古代の巫女)なのです。

 

個人的に思うのは、現在そういう存在が薄れてきているということです。神社でも、アルバイト巫女や、なーんちゃって巫女、コスプレ巫女たちが増え、巫女さんといえば、いわゆるバイト感覚(仕事感覚)の存在です。

 

でも、それは時代の流れですが、本当は龍女(古代の巫女)の存在が、もっと輝けばいいかなと個人的には思っています。

 

f:id:kaminavikyoto:20180606224243j:plain


龍の都へ 京都ツアー

かみなび京都

 

kaminavi-kyoto.jp