龍の都 京都

山河襟帯の地、京都に残る古代を感じる景観(古代景観)にスポットを当て、神社の秘密、龍(オロチ)への信仰、龍(オロチ)を鎮める龍女について、京都の神社プロガイドが書いていきます。

大地が揺れる 龍の都へ

最近の天変地異は、なにか連続している感じがします。

f:id:kaminavikyoto:20180906233551j:plain

 

台風が異常な進路をとり(それは、科学的には高気圧の影響ですが・・)近畿地方を通り過ぎて(神戸、つまり神の戸を押し開き)、北海道へ向かった・・・きっと繋がりがあるのではと感じます。

 

f:id:kaminavikyoto:20180906233629p:plain

続発する天変地異、しかしこれは最近のことだけではなく、古代からずっと続いている日本列島の宿命なのです。そしてそれが

 

f:id:kaminavikyoto:20180906233657p:plain

龍(おろち)に繋がることは、神話や民話で、古代の人々が口から口へと語り伝えてきたことからわかります。

 

ですから、巨大トラフ地震も、残念ながら迫ってきていると私は感じています。歴史は繰り返すからです。

 

f:id:kaminavikyoto:20180906233740j:plain

ちなみに代表的な日本の神話である古事記は、火山活動や天変地異から読み解けるという新説があります。

 

人型の神々をファンタジックで楽しいのですが、そういう人間のような(人型)神々が活躍する神話は、ファンタジーと考え、

 

地震や火山の爆発、台風や大雨、雷などの自然現象が、昔も今も神(カミ)だと捉えるのが本当の姿だと私は考えています。

 

f:id:kaminavikyoto:20180904144945j:plain

これを乗り越えて、これを鎮めて、古代から人々は生活してきました。その乗り換える、鎮める場所が神社だったのです。

 

神社で開運や邪(よこしま)な願いを願うのではなく、乗り越え、鎮める(国土の安寧を願う)べきだと私は思います。

 

f:id:kaminavikyoto:20180815113907j:plain

だからこそ、龍(おろち)のことを知るべきなのです。

 

龍の都へ 京都ツアー

kaminavi-kyoto.jp